写真家 林明輝 オフィシャルサイト
トップページへリンク
Profileへリンク
Worksへリンク
Galleryへリンク
Blogへリンク
Contactへリンク
PROFILE
林明輝画像

化雲岳からトムラウシ山を狙う
(佐久間弘撮影)
林 明輝

■林 明輝(りん・めいき)■
1969年、神奈川県横須賀市生まれ。
18歳より写真をはじめる。
2008年よりデジタルカメラを駆使し、列島各地の自然風景を撮影。自然風景の微妙な空気感、透明感を表現した作品を発表する。

1995年より新潟県と長野県にまたがる名峰・雨飾山を取材した写真展「あまかざり」 (1998年)。日本列島の水の姿に挑み、水の美しさや水の醸し出す独特の風景を追っ た「水のほとり」(2001年)。列島の森林を歩き続けた「森の瞬間」(2004年)、日 本離れした広大な山岳風景をとらえた「大きな自然 大雪山」(2008年)を富士フォ トサロンで開催。デジタルカメラを駆使し、日本の自然風景を見つめ直した「四季の 宝物」をキヤノンギャラリー各地で発表。

作品集に『あまかざり』『水のほとり』(1998年、2001年・愛育社)、『森の瞬間』 (小学館)は2005年、国際野生写真協会(IFWP)主催ネイチャーフォト・ブックオブ ザイヤー2005グランプリを受賞、『水物語』(共著、2007年・平凡社)、『大きな自 然 大雪山』(2008年・小学館)、『四季の宝物』(日本写真企画)がある。

2007年、東京都写真美術館の企画展「地球の旅人」を開催(松本市美術館に巡回)。
2008年、福島市写真美術館の企画展「新たなる高みへ」を開催の後、『大きな自然大雪山』の作品群が、北海道・東川文化ギャラリーに収蔵される。
2011年、ロンドンに拠点を置く、EAST-WEST ART AWARD 2011 の写真部門の審査員を担当。また、日印グローバル・パートナーシップ・サミット2011に自然首都・只見の写真を発表する。
2012年より、国際交流基金主催の写真展「東北―風土、人、くらし」が、ニューヨーク、北京をはじめ、五ヶ年計画で世界20カ国以上を巡回。
現在、自然首都・只見を集中的に撮影している。

日本写真家協会会員、日本自然科学写真協会理事

Camera 使用機材
Sony α7R Sonnar T* FE35mm F2.8ZA Sonnar T* FE55mm F1.8ZA
70-400mm F4-5.6 G SSM U
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS
三脚・雲台関連

三脚/GITZO GT2542L
雲台/Markins

Hasselblad H4X  Phaseone IQ 180 Lens HC 35mm f/3.5 100mm f/2.2 210mm f/4 300mm f/4.5 1.5 H.T.S
1.7× teleconverter
Mamiya ZD AF 35mm  Zoom AF 55-110mm
Zoon AF ULD 105-210mm  AF APO 300mm
Mamiya RB67 KL 65mm   KL 127mm  KL 250mmAPO/L
KL 350mm APO/L  L 500mm APO/L
HASSELBLAD CF 30mm   CFE 40mm  CFi 50mm  CFE 80mm
CFi 120mm  CFi 180mm  CFi 250mm(SA)
CFE 350mm(SA)  CF 500mm
FUJI GX 617 EBC FUJINON SW 105mm  EBC FUJINON W 180mm
EBC FUJINON T 300mm
TOYO FIELD
810 M II
S.Symmar XL 150mm  S.Symmar XL 210mm
Apo-Symmar 300mm  Apo-Symmar 480mm
Apo-Tele-Xenar 800mm

Prize Winner 受賞歴
写真集「森の瞬間」(小学館)で、国際野生写真連盟(IFWP)主催のネイチャーフォト
ブックオブザイヤー2005
グランプリ受賞

Hobby 趣味
養魚場でのらんちう飼育
写真教室のみんなと、のらりくらり撮影を楽しむこと
写真教室・輝望フォトグラファーズのご案内
Home Profile Works Gallery Blog Contact
Copyright C 2006 LIN MEIKI All rights reserved